Cleaning Review
宅配クリーニングのレビューブログ
未分類

宅配クリーニングのおすすめポイント

宅配クリーニングと従来のクリーニングの比較

この記事では、最近、多くなった宅配クリーニングを、従来の店舗クリーニングと比較して、宅配クリーニングのおすすめポイントをわかりやすく紹介していきます。

宅配クリーニングというのは、最近できたサービスではなく、都心部は分かりませんが、郊外や地方の田舎では、昭和の時代からあったサービスです。

店舗クリーニング店の店員さんが得意客には、クリーニングの引き取りと配達を毎日してくれます。送料はかかりませんし、自宅でクリーニング屋の店員さんと話ができ、要望など聞いてくれます。クリーニング料金も自宅で支払い出来ます。

毛布や布団のクリーニングも引き取りに来てくれます。

最近になって、白洋舎、ホワイト急便などのクリーニングチェーン店が出来て、クリーニングは店舗に衣類を持ち込むもの、という意識になりました。

宅配クリーニングの利点

では、宅配クリーニングの利点としては、どのようなことが挙げられるのでしょうか。

まず第1に、重たい衣類をクリーニング店まで、持ち運ぶ必要がありません。

これは宅配クリーニングを使う最大の利点になります。通常だったら、1回のクリーニングで2回お店まで足を運ばないといけません。

一切、クリーニング店に行かなくても、クリーニングを利用できるのです。
かさばる冬物が増える衣替えシーズンや、布団や毛布などの大物のクリーニングにはとても便利です。

これまでは、休日の貴重な時間を夫婦で洗濯物をかかえてクリーニング店に行ったり、自転車の荷台に布団を括りつけてクリーニング店に行ったりしていた人も多かったでしょう。

宅配クリーニングならそのような手間もなくなります。

第2に、女性の場合、クリーニングを持って行くのに、わざわざメイクや着替えをする必要がありません。

宅配便がクリーニングを運ぶ、最近のサービスの利点

更に追加で、宅配便がクリーニングを運ぶ、最近のサービスでの利点は以下の通りです。

第1に、店舗クリーニング料金と比較してもリーズナブルであることです。

店舗を運営するには、人件費や家賃など多くの経費が発生します。しかし、宅配クリーニングはウェブサイトを経由して注文を受け付けるので、そのようなコストがゼロになります。

第2に、洋服の長期保管サービスが利用できます。

第3に、シミ抜き、毛玉取りなどの無料オプションがあります。

第4に、24時間、朝でも夜でもクリーニングのネット上での申し込みが可能です。

第5に、料金が明確で安心なことが挙げられます。宅配クリーニング店がチェーン店だと料金が全店舗共通なので安心です。

第7に、受け取り日時を都合の良い日に指定出来ます。また、衣類の引き取り日も指定出来ます。

コンビニエンスストアでの受け取りも可能です。

宅配クリーニングの欠点

宅配クリーニングサービスを利用する欠点を紹介します。

第1に、ウェブサイト完結型宅配クリーニングサービスの場合、集荷に伺うのは宅配屋さんの場合がほとんどで、直接クリーニング屋さんというプロと話すことがありません。

集荷の際に、クリーニングの専門的なことについて、打ち合わせをすることが出来ません。つまり染み抜きや撥水加工のことなど、詳しく聞くことが出来ません。

第2に、宅配クリーニングという性質上、店舗型よりもどうしても仕上がりまでの期間が長めになる傾向があります。

宅配屋さんが集荷や配達に伺う時間や、システム上のタイムラグを考慮すると、どうしても2?3日はかかるでしょう。

即日仕上げが当たり前になっている店舗型に比べて、仕上がりまでの時間が長いのが難点です。

1週間にワイシャツ2、3枚をローテーションするような状況ならば、欠点の方が大きいかもしれせん。

まとめ

総じて、最近出来た宅配サービスは、とても便利さだと言えます。まず、ウェブサイト上で、24時間、いつでもどこでも、スマートフォンかPCがあれば、申し込みが出来ます。

夜間しか在宅でない場合は、コンビニエンスストアでの受け取りが可能です。

受け取り日の指定も出来ます。更に、料金が一律で、ウェブサイト上で確認することが出来るので、予算オーバーにならないところが良いところです。

付随したサービスでは、冬物を預かってくれる長期保管サービスや、シミ抜き、毛玉取りサービスなどの無料オプションが充実した、宅配クリーニング店が出来てきました。

難点は、ワイシャツ1、2枚であれば、宅配クリーニングだと時間がかかるので、店舗に持ち込んだ方が早くすむことです。利点と欠点を理解して、ケースバイケースで使い分けることをおすすめします。